twitter

無料ブログはココログ

高柴山

2017年3月 5日 (日)

2017年3月5日 高柴山に登ってきました

2017年の3月5日の今日、高柴山を歩いてきました。
2017年に入ってから、初めての山歩きになります。
今年の冬は雪も多く、寒い日が多かったので何となく足が山に向きませんでした。
土日を何で過ごしていたかというと、ほぼ毎週土日は、日帰り温泉通いに精を出していました。
毎週、あちこちの温泉をチョイスして、磐梯熱海、沼尻、中ノ沢、岳、と温泉を変えながら、半日、一日を温泉でのんびりするというお休みを過ごしていました。
本当は山に登って下りてから温泉に入るのが楽しいんですけど、今年の冬の寒さは本当に厳しかったんですよね~(言い訳?)
露天風呂に入って、空から落ちてくる牡丹雪を眺めていると、登山と同じくらい心が無になります。
毎週仕事が始める月曜日には、温泉が恋しくて
「温泉…温泉・・・・温泉」と頭の中が温泉一色になるくらい温泉にはまったのです。
そんなわけでこのブログのタイトルも、
「としの福島温泉秘湯探訪」に変わりそうな感じになっていました。

ところが、今朝起きてみると郡山の気温が7度もあります。
ふと、気づくと世界が春に変わっていました。
天気がいいなあ。外も温かい。
快晴の日曜日、家にいるのももったいない。
予定外ではありましたが、春の空気を吸うために高柴山に向かいます。

Img_0666
駐車場到着。高柴山の駐車場は雪で車が停められません。
一つ手前の駐車場に車を停めました。
日差しがさんさんと雪に降り注いでいます。
いい天気だなあ。雪がまぶしい。

Img_0645
今日は山頂まで1キロちょっとの短い行程です。
ゆっくり登っていきましょう。
雪は固く締まっていて、自分の体重をしっかり支えてくれています。
泥にまみれることも雪に足をとられることもなく、快適な春の山歩きです。

Img_0647
踏みあと少ないですね。まだここに来る人も少ないのかな。

Img_0652
600メートルほど遠回りして、太鼓石を眺めます。
八幡太郎義家伝説に関連する古の伝説のひとつです。
郡山の周りには、八幡太郎義家の伝説があちこちにありますが、
それが結構あちこちの山の中腹にあるケースがおおいです。
(ここの他には大将旗山とか)
東北の山は、弘法大師と八幡太郎義家ゆかりの伝説が多いですね。
Img_0650  
登山口から山頂までなだらかな行程です。
夏なら15分くらいで山頂着いちゃうかな。
Img_0654  
この季節、虫もおらず、暑すぎず、
春山は楽しい。
Img_0656
途中の休憩所で景色が開けます。一盃山とさらにその奥に蓬田岳が見えました。

Img_0659   
山頂手前を50mほど沢に下ると水場があります。
Img_0661
休憩所で景色を眺めます。
おにぎりを食べてお茶を飲みます。

Img_0664  
山頂は雪もなく貸切でした。
Img_0665
この山は5月に咲くツツジが素晴らしい景色になります。
2か月後にまた来てみたいと思います。

さて、2017年の山歩きもこれから本番を迎えます。

2016年5月21日 (土)

2016年5月21日 高柴山に登ってきました。

先週に続き、高柴山に行ってきました。
今日は、満開のヤマツツジに出会うことができました。
明日、2016年5月22日は高柴山の山開きですが、どう考えても山開きは観光客で、混雑しそうです。
ここは、駐車場こそ広いものの、そこに至る道路は、一部狭いところがあり、車2台がすれ違えないところもあります。
今日は混雑を避けて、夜明けに合わせて登山しました。

Img_0349

駐車場から20分で山頂へ。
山頂で、御来光を迎えます。
太陽の光で、ヤマツツジが真っ赤に染まりました。
Img_0345
その後しばらく山頂を散策しました。
R0006661
R0006662
R0006674

満開のヤマツツジ、ほんとに綺麗でした。
次の花旅は、雄国沼のニッコウキスゲかな?( ̄▽ ̄)

2016年5月15日 (日)

2016年5月14日 高柴山に登ってきました。

今日は高柴山に登ります。
高柴山は、福島県小野町に位置する標高884メートルの山です。小さな山ではありますが、この山は山頂付近に咲き乱れるヤマツツジで有名です。
その大群落は、2万本ともいわれており、満開の時期になると、山一面がツツジの赤に包まれるといいます。雄国沼のニッコウキスゲ、飯豊山のヒメサユリと、ここ福島の花の名所はたくさんありますが、今回登る高柴山もその花の名所のひとつです。
満開のヤマツツジに会えるといいな。

R0006625
この高柴山まで、自宅から車でたった30分で登山口に到着しました。登山口は、浮金登山口です。登山口としてはここの他に,門沢登山口、牧野登山口がありますが、一番メジャーな登山口ということで浮金に来ました。駐車場は広い。50台は停められるんじゃないかな。この駐車場の手前にもわずかながら小さな駐車場がありました。よほど混まなければ駐車は問題ないでしょう。簡易トイレもありました。
時間は5:20分。あまりにも早い時間ですが、この高柴山はヤマツツジの開花時期は、半端なく登山者がくるという情報があり、できるだけ混まない時間に来たいということで、早朝にやってきました。

R0006628
登山道は整備されていて気持ち良いトレッキングが楽しめます。カッコウの鳴き声に、小鳥のさえずりがまじり、爽やかな気分になりました。登りも緩やかです。
新緑は気持ちがいいですね。落葉高木の葉っぱが鮮やかなグリーンで迎えてくれています。ここは秋にきても紅葉が楽しめるぞ。ヽ(´▽`)/
R0006630
登り始めてすぐに、視界が開けます。この写真の下に隠れていますが、ベンチがあります。東北の、のどかで柔らかい風景がひろがります。光の差し込む林。いい登山道です。高柴山。
R0006632
物見石という岩。真っ二つに石が割れています。
R0006633
山頂手前には、こんな看板が掲げられていました。なるほど、放牧の結果、馬が食べなかったヤマツツジだけが山頂で勢力を拡大したわけですね。
R0006634
山頂到着。山頂は広く、ゆるやかな丸い丘のような山頂でした。
R0006635_2
3部、4部咲きって感じですが、日当たりのよさそうなところは、花開いているところもありました。鮮やかな濃い朱色ですね。
R0006637_2
鮮やかの一言。
R0006640
満開を楽しむには1週間早かった~。
R0006644
満開になると、上の山が、こんな風に変わります。(下のリンクをクリックしてみてください。)
R0006646_2
展望台に来ました。ふと見上げると一人の山ガールが、見晴らし台から広がる景色に向かって両手を大空に上げて、全身で山の息吹を受け止めていました。
邪魔するといけないのでポージングが終わるまで展望台下で待機していました。
やがて・・・両手を下げて、山ガールがこちらを振り返った途端、こちらを振り返ってびっくり。人がいるとは思わなかったんでしょうね。
「おはようございます!」と挨拶したら「おはようございます」と挨拶を返して、そのまま走り去ってしまいました。
なんか申し訳ないことしたなあ・・・・
すみません。
R0006645
展望台に登ります。
台座を眺めて、山々を目視します。この春登ってきた阿武隈山系の山々が目の前に広がります。まだいくつか登っていない山もありますね。今年はいくつ行けるかな?
R0006648_2
山頂をぶらりと周り、花の写真を撮らせて頂きます。
R0006650_2
もっと早く来たかったな。ありがとう高柴山。

(ちなみに、混雑を心配しましたが、浮金登山口に下山してみたところ停まっている車は自分の車しかありませんでした。心配しすぎでしたね。)
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31