一週間の仕事が終わり、来週はさらに忙しさに包まれる予感がする5月の土曜日。
仕事の心配をして、家にいても落ち着かないので、急遽裏磐梯に来ました。
特に何を見て、何をするという目的はなかったのですが、5月の新緑に囲まれた裏磐梯に来て、気分転換になればというのが本音の部分です。
郡山の自宅から約1時間で五色沼にやってきました。

Img_1087
早朝に来たこともあり、駐車場には1割も車は停まっていませんでした。
車から降り、お土産屋さんの脇を通り抜けて毘沙門沼に出ます。
遠くには磐梯山が見えます。
今日は暖かいし、雪もほとんど溶けているので多くの登山者が磐梯山に登っていることでしょう。
自販機で、炭酸飲料を買い、それを片手に持って五色沼自然探勝路に向かいます。
五色沼自然探勝路は、毘沙門沼から柳沼までの片道3.6キロメートルの遊歩道です。
片道一時間程度なので、観光客が多く歩くところでもあります。
なので、今日はザックなし、運動靴でした。

Img_1090
多くの観光客がいるせいか、毘沙門沼の畔に立つと、コイが寄ってきます。

Img_1091

Img_1092
毘沙門沼を左手に眺めながら歩みを進めます。

Img_1093
やがて高台にでて、毘沙門沼を一望できるところにやってきました。
ここにはスーツ姿の一団(8名くらい)がいて、びっくり。
研修か何かあって、ついでに観光しているのかな?
違和感が半端ないです。(^^)

Img_1094
五色沼の赤沼です。湖面がエメラルド色ですね。
数人の観光客が一心にビデオを回しています。
気持ちわかるなあ。(^^♪

Img_1095
赤沼に流れ込む清流。ブラタモリでも紹介されていましたが、磐梯山は火山の山で、上流銅沼(あかぬま)から流れ込む様々な火山の成分の特性(微粒子の大きさで光のスペクトルが変わる)のため、沼ごとにその見た目が大きく変わります。

Img_1098
癒されるのは、湖沼だけでなく、森の柔らかな植物たち。

Img_1099
みどろ沼到着
みどろ沼は、沼の周辺にヨシが覆い、近づきがたい雰囲気です。
遠くから透明度の低い緑の湖面を眺めます。
このあたりで、セミの声が聞こえてきました。
いよいよ夏です。

Img_1103
角度によっては、光と水の透明感のある写真が撮れます (^^♪

Img_1105
流れ込む水。水。水   

Img_1107
酸化鉄の含む水は沼底を赤く染め上げます。
銅色の周りを囲む植物たち。

Img_1111
今日一番のハイライト
弁天沼

目の前の透明な水の先に、いきなりコバルトブルーの水面が広がっていきます。
夏になると、青さが増していく不思議な湖。


Img_1113
Img_1119  
Img_1120  
青沼へ
青沼は弁天沼よりも緑が多く、透明感の高い沼でした。


Img_1122
明るい澄んだ緑の湖面を木々が覆っています。
Img_1126  
最後は柳沼。ここまで3キロくらいでしょうか?
もう少し進むと檜原湖にでますが、ここは引き返して車に戻り中津川渓谷に向かいます。

Img_1132
中津川渓谷は一人も観光客がおらず、清流を独り占めです。
ウグイスがのどかに鳴いていました。

午前中のトレッキングでしたけど十分に気分転換ができました。










R0005702

三連休の最終日は、猪苗代方面に紅葉を見に来ました。
今日は、家族も一緒です。
R0005704
まずは、土津神社。秋の穏やかな日差しの中を散策。
快晴ですが、暑くもなく涼しくもなく、過ごしやすいお天気です。
守り神でもある端獣のカメの由来を子供に説明します。
R0005705
いい色に染まってますね。しみじみといい色だ。
土津神社の紅葉は一週間後くらいが最盛期かな?
R0005712
赤と黄色のコントラストに、薄いグリーンが混じります。
R0005710
霊廟に続く、長い参道を歩きます。
なんかカップルが目立ちますね。カップルを撮らないように撮影します。
R0005716
この葉も綺麗にグラデーションがかかってるな~

R0005727
これなんだと思いますか?なんとコンニャクです。
なんでこんなところに育っているんだろう?
R0005730
土津神社を抜けて、車で裏磐梯に向かいます。
R0005734
連休中ということもあり、道路は混雑していましたが、40分ほどで到着
R0005736
まだ、完全に染まってはいない紅葉ですが、若い紅葉も美しいもんです。
R0005737
花と紅葉と五色沼。
R0005745
そこからさらに15キロほど移動しました。ここはいつ来ても、誰もいない隠れ名所です。
この大好きなスポットで、お昼御飯です。
R0005768
大きな紅葉の下に陣取りました。
R0005771
R0005753
R0005763
今日は焼肉です。ベニマルで仕込んできたお弁当とお肉。ソーセージ、ベーコンを
いただきます。
外で食べるご飯はおいしいです。
R0005779
ご飯の後は、コーヒータイム。日陰に入って、紅葉を愛でます。
のんびりした一日でした。
R0005782
来週、また来てみようかな
快晴の土曜日、裏磐梯に行ってきました。
紅葉は90%
暖かな一日でした。

R0003623
毘沙門沼

P1120142
ボートに乗るカップル。県外ナンバー多かったですね。すごい人出でした。

R0003620

紅葉は青空に映えます。

R0003622

R0003631

P1120139    

P1120143

P1120146

P1120145

R0003637

R0003639

R0003640

R0003644

R0003646

R0003648_2

R0003655

R0003656

R0003657

R0003661

R0003662

R0003664

R0003666
その後星野リゾートへ
 

Photo_2

写真は昨年のものです。五色沼の紅葉、今年も楽しみですね。11月の三連休に五色沼に行きますよ!(^^)
上の子供が陸上の大会があり白河に行ってしまったので、妻と娘と三人で裏磐梯へドライブしました。 10時頃郡山を出発。曇り空にすっきりしない天気の郡山でしたが、裏磐梯へ車を走らせているうちに、徐々に天気が良くなってきました。 桧原湖に行き、近くの裏磐梯スキー場のふもとで、高原の空気を吸いながらお弁当を食べました。 上の子のお弁当を作ったので、そのついでに家族のお弁当ができた。というのが真相ですが(^^) 一時間ほど、昼食をゆっくりととったあと、五色沼へ向かいました。 五色沼は、磐梯山の北部に位置する大小の湖沼を指します。エメラルド色の変化を見せる色相が、評判でいつも数多くの観光客でにぎわいをみせます。 今回は、五色沼の中で、もっともメジャーな毘沙門沼に向かいました。 P1080785 (毘沙門沼入口です) 駐車場は、意外にも、県外からの観光客であふれています。 バス停車場は、東京をはじめ関東を中心とする観光バスが駐車場を埋め尽くしていました。 073 074 (品川、足立、柏などのバスに混じり、山形など近県からの観光バスも多数みられました。) 少しずつ観光客の皆さんが福島に来てくれるようになって嬉しいです。 P1080784 P1080797 天気が良くなり、晴れ間が広がっているせいか、沼の色の彩度があがり、明るいグリーン色と青が混ざり合う 不思議な色に変化します。 このあたり、写真では伝えきれないのが残念です。 風が心地よかったのでボートに乗って毘沙門沼を一周することにしました。 娘は大喜び(^^) 010 011 015 024 025 026 毘沙門沼は深いところでは13mもありますが、ボートを楽しめる場所にはあまり深いところはなく沼底まではっきりとみることができます。透明度が高く5~6mまでの様子を見ることが可能です。 毘沙門沼の様子はこちら ボートから撮影した毘沙門沼(iPhoneで撮影) ちなみにボートのお値段 1艘3人まで乗ることが可能です。(小さな子供がいる場合は4人乗っている ボートもみましたが・・・) お値段は30分700円。 デートで、裏磐梯におでかけをする人には、恥ずかしくてもボートに乗ることをお奨めします。いい思い出間違いなし!です。 ※男性がひとりで、猛烈な勢いでボートを漕いでいましたが・・・違和感ありありでした。(^^) でも、楽しみ方は自由。何をやっても人に迷惑をかけなければOK!ですよね。 その後遊歩道(ハイキングコースを散歩しました。) 050 遊歩道から見える五色沼(毘沙門沼)  045 遊歩道の標識 070 裏磐梯から望む磐梯山が、威容を誇っています。あそこを歩いたなあ・・・としみじみ記憶が甦ります。 裏磐梯から見える磐梯山は荒々しい容姿です。 P1080812 遊歩道はきれいに完備されていて歩いていてストレスを感じません。 P1080815 湖の色も角度と時間により変わります。その変わり方が鮮やかです。すれ違う観光客の方々も口々に 「きれいねー なんで色がかわるのかしら~」と感嘆の声を上げていきます。理由は不明ですが、記念写真をたくさんの人から頼まれました。わずか40分の間に10グループの方の写真を撮りました。 これって・・やっぱり、にじみ出てしまう親切な・・・人柄(^^)? ハイキングコースの遊歩道から眺める毘沙門沼(動画) 蝉の声が響きます。 ハイキングコースの遊歩道から眺める毘沙門沼2(動画) 遠くでボートを漕いでいる人たちが楽しそう(^^) 毘沙門沼にはたくさんの鯉が泳いでいます。(動画) 鳥や、虫の声に癒されます。(動画) 1時間くらいゆっくり散策したあとは、ゴールドラインを降りました。ゴールドラインをでたところに、榮川酒造(酒造メーカー)の製造所があります。榮川酒造の創業は明治2年という歴史のある日本酒メーカーです。 最近ダイエットで、お酒を飲まない生活を送っている私ですが、榮川の大吟醸と辛口が好きなので、直売所に立ち寄ってみました。 085 榮川酒造入口 086 とても立派な杉玉 杉玉は、杉の葉を玉にしたものであり、造り酒屋の軒先にぶら下げ、新酒の完成を知らせるためのオブジェです。 891 直売所 (県外からのお客様がたくさんお酒を買っている風景です。)(飲まないですが・・・・とりあえず一本買っておきました。ダイエット中なので、飲まないんですよ・・・本当に) ※直売所のお姉さま方から試飲を薦められました。お酒が好きな方は是非立ち寄ってみてください。 094 095 入口にニッコウキスゲの花が咲いていました。透明感のある、柔らかい黄色です。裏磐梯にある雄国沼は、ニッコウキスゲの大群生見られます。早いうちに行ってみようと思います。
無料ブログはココログ