twitter

無料ブログはココログ

稲荷山

2015年11月 4日 (水)

2015年10月25日 稲荷山に登ってきました。後篇

R0005932
さて、稲荷山登山編スタート・・・とはいうものの、しばらく京都観光が続きます。
眠い目をこすりこすり、ホテルを出たのが午前4時30分。
なぜ早出をしたかというと、京都市内を自分の足で歩きたかったからです。せっかくの旅行、せっかくの京都、自分の目で見られるところはもれなく見て歩きたい。と思ってしまったのでした。
まずはホテルのある四条を皮切りに観光マラニック(マラソン+ピクニック)のスタート。前夜確認したところでは、ホテルから近いところに本能寺がありました。
「ムム!本能寺?これはぜひ見ておかねば!」夜明けまで2時間もある真夜中に、勢い込んで本能寺まで走ってきたものの、冷静に考えれば当たり前なんですが、本能寺は静かに門(というより扉?)を閉ざしていました。まず、周りをビルに囲まれてこんなに入り口が狭いのにびっくり。中は広いんでしょうね?それにしてもいくらなんでも早すぎましたね。
R0005928_2
北隣地 山本覚馬と山本八重邸があった碑を発見。
こんなところに八重さん宅があったとは・・・
遠いところで、会津に縁のあるものに出会えるなんて嬉しいな。
R0005933
小走りに移動して、寺町のアーケード。誰もいない!
でも気持ちいいぞ!街が清潔です。京都。

R0005938
その後、三度目の祇園へ。明け方前の祇園は静かで誰もいませんが、素晴らしくロマンチックな街並みに出会えました。素敵な街角ですね。
ちなみに、ここに来るまでに歓楽街を通りましたが、そこには、ベロンベロンに出来上がった酔っ払いの大集団がおりました。
新旧、動と静が並び立つ街、それが京都なんでしょうね。

R0005939    
崇徳天皇御廟の前を通りました。
ここから清水寺に向かいます。

R0005940
ひっそりとした通りにポツンとありました。

R0005947

AM5:00 清水寺の前の通りを登りまして・・・

R0005941
清水寺到着。金星と木星が美しい。
お寺は6時から参詣ができるので、門の前で時間をつぶします。
途中セブンイレブンで購入した、パンとおにぎりをたべて、暖かい紅茶を飲みます。
それにしても寒い~。

R0005945
徐々に夜が過ぎて・・・・開門。
守衛の方が3名くらいいらっしゃいましたが、もしかして一晩中立ってたのかな?
おつかれさまでございます。

R0005954
   馬駐(うまとどめ)を眺め・・・(ブラタモリで紹介されてましたね。)

R0005953
首振り地蔵を見て・・・・(こちらもブラタモリで紹介されてました。)

R0005956    
門をくぐり。

R0005987
清水寺へ・・・・一度来たかったんですよね。写真は300枚くらい撮りましたが割愛します。

R0006006
清水寺を出て、西に向かって走ります。振り返ると清水寺が小さく見えました。
R0006010
次に来たのが建仁寺。さらに走って移動。汗かいてきちゃった。
R0006026
R0006025
ほっ、ほっ、ほっと走って豊国神社到着。

R0006032
養源院到着。ここは血天井で有名なところですね。
さあ次々。走れ走れ

R0006047
三十三間堂に到着。ここも開門まで、時間があります。
観光客がたくさんいますね。。どうやら並んでいるのは、中国か台湾の人かな?本当に京都は外国人が多いですね。
三十三間堂は来られてよかったです。父が、毎年京都旅行をしていて、時間があったら行ってみろと言われていたところでした。
ここは、ゆっくり鑑賞しました。(割愛しますけど・・・)

R0006064
さあ、来ました伏見稲荷大社

R0006069
威厳のあるおキツネ様がお出迎え。ここは外国人NO1人気のスポットなんですって。

R0006075
いかにも、稲荷という感じですね~

R0006080
さあ!登山スタート。それにしても観光客が多い。まさにごった返していますね。

R0006087
鳥居をくぐります。

R0006090
まだまだくぐります。すごい。何本あるんだろう。

R0006093
本当にすごい数だ・・・

R0006099
休憩所到着。ですが、先を急ぎます。

R0006101

まだまだ登るのね。途中、土産物屋を過ぎてからめっきり登る人が少なくなりました。
普通の観光で来ていたら、バスや電車の時間がありますもんね。

R0006104

ふー、登った登った。ここはどこ?

R0006107
恐ろしい形相のキツネ様がいる~。

R0006108
さらにひたすら登ります。
前を歩いていたご夫婦が喧嘩してます。
ぐいぐい登る奥様。それを追う旦那様が、息も絶え絶えに
「お前、どこに行く気いや?登ったから何があんねん?なんでのぼんねん?いつまでのぼんねん?」と半場キレ気味に奥様に下山を迫っていました。

かと思うと、まえを歩く若い女性二人の一人が
「足が~足が、プルプルしてまう~」と大声で叫び
もうひとりの女性が
「もう、死んでまう~。死んでまう~」とこちらも大きな声で愚痴をいい。
後ろを歩いてて、思わず吹き出してしまいました。

あー、この楽しい感覚、高尾山に登った時の感じに近いな。( ̄▽ ̄)

R0006111
で、もって山頂到着です!
標高はなんと233m。
いままで登った山では一番低い山でした。けど、面白い山でしたね。

R0006114
京都の景色を楽しんだら、下山です。

R0006116

途中、キツネならぬ眠り猫に癒されて降りてきました。
ここから電車で奈良に向かい。

R0006129
いきなりですが、東大寺です。
さあ、時間がないからここも駆け足で拝観です。それにしてもすごい人だ・・・

R0006135
うわーでかい・・・

R0006154

やっと会えたよ。大仏様。
小学校の頃、図鑑で見た大仏様と同じお姿でした。

R0006220
その後、走って正倉院に到着。少し距離があったせいか、ここは数人の観光客がいただけでした。
ちょうど、一日前から公開されていたのでした。ラッキーでした。


その後、柿の葉すしを食べ、奈良のラーメンと、うどんを食べ。
大阪に戻り、PM6時30分の飛行機でもどってきました。

距離測で調べたら、およそ30キロ弱のジョギング移動をしていました。

関西楽しかったな。次は比叡山に登りたいな。

2015年11月 2日 (月)

10月25日 京都の稲荷山に登ってきました。前篇

今回は、飛行機の中からスタートです。
(* ̄ー ̄*)
20151027_6_11_09
大阪京都に行く機会があり、ついでとばかり、京都で少しだけ遊んできました。
なかなか関西に行く機会もなく、せっかくの関西に行くんだ。ならどこかの山にのぼっちゃえ!ということで、京都の稲荷山に登ってきました。今回は、その前篇です。前篇とはいっても、山が大きくて前後に分けたのではありません。大阪・京都・奈良と回ってきたので、自分の備忘録として、旅行記を記述した結果、1記事にまとめるには写真が多すぎたので、前後編に分けただけなのでした。
なので・・・この前篇、登山はでてきません。
興味ない方は、前篇飛ばしちゃってください。
それでは本題に入ります。

さて、金曜日の朝早く福島空港に到着し、福島空港8:30分発の飛行機で伊丹空港に向かいます。福島から大阪までフライト時間はたったの1時間。早い!あっという間の空の旅でしたが、途中眼下に南アルプスと中央アルプスが見えて、気持ちが高ぶりました。

R0005828

大阪に到着後、道頓堀のかに道楽でお昼です。テレビでは見るけれど来るのは初めてです。

Img_8490
最初に、カニ。次にお吸い物と手巻き寿司が出てきます。
R0005829
その後、なんばグランド花月で漫才と落語を楽しみます。
坂田スペシャルは面白かったな~。
R0005835
夜景で有名な空中庭園に向かいます。
R0005844
近未来的な夜景ですね。関西弁のカップルがたくさんいました。
つくづく・・・・・・こんなところは、男一人で来るところではありません。(;´Д`)

R0005859
でも夜景は素晴らしいですね。ここは直に外に出られるので、夜景も空も近いです。
ガラスの中から見るのとは雰囲気が違います。
Img_8500
夜景を楽しんだ後は、居酒屋に移動して晩ごはん。
Img_8502
がっちり飲んで、がっちり食べました。
Img_8505
その後・・・ホテルに帰って一人飲み。   
結構飲みすぎて、気が付くとベッドではなく、ソファーで朝を迎えていました。
20151031_12_09_19
翌日は大原三千院に移動。落ち着いた良いところですね。
大原といえば、イメージするのは建礼門院徳子と後白河法皇かな。平家物語の末尾を飾るにふさわしい舞台です。

20151031_12_07_15
苔が綺麗なんですよね。太陽が柔らかい陽だまりをつくっていました。お庭の散歩が楽しい。

20151031_12_08_56
はぁ~落ち着く・・・・日本人を実感しました。
20151031_12_06_50
額縁庭園で、庭を眺めます。外国の方がたくさんいらっしゃいました。京都はいたるところで外国人の方にお会いしますが、世界中から観光客が集まってくるんでしょうね。
20151031_12_06_13
抹茶を頂きます。甘いお菓子を口に含みながら抹茶を飲むと、普段口にする抹茶の
デザートの味わい。隣に座る欧米の老夫婦も抹茶を楽しんでいます。
20151031_12_04_39
京都の三千院の参道には、それはもうたくさんの土産物店がありました。
途中の冷えたキュウリを売っていたお土産屋さんでは、
「どこから来たの?福島。ああ、こないだ飯豊に登ったよ~。飯豊知ってる?」というおじさんと話が弾みました。
Img_8570
お昼は、祇園に移動。美登幸さんでお昼を頂きます。
ここのお昼はおいしかったですね。
R0005877
ぶらぶらと買い物を楽しむといつの間にか夕方になりました。日の暮れた京都を楽しみながら、路面電車を見かけたので乗り込みます。嵐山に向かうんだな。この電車で終点嵐山駅へ向かいます。この電車。料金は一律210円でした。車内はレトロ感の漂うオシャレな電車でした。
R0005880
駅を降りてびっくり。美しい電飾がいたるところにほどこされた、優雅な雰囲気の漂う駅でした。

R0005885
嵯峨をイメージさせる蛍光管(LEDかな?)のオブジェが何本も立っていました。

R0005903
写真ではうまく伝わらないけど、綺麗でしたよ~。

R0005904
タリーズコーヒーまで雰囲気が違いますね。

Img_8685
その後、竹林を見に向かいますが、残念ながらライトアップは11月からとのことで、ただ真っ暗な道を歩いて終わりました。うーん。いまひとつ情緒に欠けるかな。

とはいえ嵯峨は、辻邦生の名著「嵯峨野明月記」に描かれた憧れた場所なんですよね。
このあたりをぶらぶらしただけでも楽しかったな。
R0005908
その後、また嵐電に乗り移動。しじょうおおみや駅(だったかな?ちょっと駅名忘れました)で降り、東寺に向かって歩きます。途中、美しくライトアップされた建物があったので寄ってみました。(龍谷大学でした。)
R0005913
夜の東寺。ライトアップされて美しい姿を表しています。

R0005921
京都駅まで歩き、四条まで電車で移動。昼間も来た夜の祇園を歩きます。
いやー、おしゃれな街ですね。
川沿いに食べ物屋さんが立ち並びます。
Img_8695
Img_8712
R0005923
こうして、京都二日目の夜も過ぎていくのでした。
最後まで山がでてこず申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31