twitter

無料ブログはココログ

雄国沼

2016年10月 2日 (日)

2016年10月1日 磐梯山、猫魔ケ岳、雄国沼に登ってきました。

翌週に県外遠征(南アルプス)を検討中で、その足慣らしのために、少し長めの距離を歩いておこうと考えてました。毎日、適度に歩いたり走ったりしていますが、山とロードでは脚にかかる負荷が全然違います。
そんなわけで、トレーニング効果が期待できる、少しばかり距離が長いルートを探していました。たまたま山友の一人から、秋の紅葉が磐梯山に下りてきているという情報を得て今日は磐梯山に向かいます。
10月に入ったばかりの磐梯山は、秋色に染まっていました。
Img_1433_2
--------------------------------------------------------------------

Img_1371
朝、猪苗代駅着。電車を降りると若干雨模様でした。
事前に調べたウェザーニュースでは、午後からは徐々にお天気回復の予報がでています。
あまり強い雨でもないので(というかほとんどあがっている感じかな)さらなる好天を期待しましょう。駅から猪苗代スキー場までのんびりジョグ。

Img_1373
稲穂が金色に実ってますね。もうすぐおいしい新米が食べられます。( ̄ー+ ̄)

Img_1374
猪苗代のカメリーナまで来ました。中学生が、カメリーナの中にある周回コースを、ローラースケートとポールでぐるぐる回っています。
スキーの練習、楽しそうだなあ。^ ^

Img_1375
猪苗代スキー場に到着。ここでランニングシューズから、トレッキングシューズに履き替えます。駐車場には無人の車が6台くらい停まっていました。

Img_1378_2
今日は赤植山を経由します。ここから見る猪苗代湖は初めてですね。赤植山の山頂には3名の登山者の方がいて、「あれが、白根山、こっちが那須連山」と地図を広げて山座同定をしていました。
水を飲んだり、パンを食べたりして山頂には10分ほど滞在し、磐梯山に向かいます。
Img_1380
鏡ケ池に到着。この周辺では、秋茱萸がたくさんなっていました。
これ懐かしいなあ・・・・
かすかな甘味があって、子供のころよく食べたもんです。
鈴なりになっている実を頂いて、口いっぱいに頬張ります。

Img_1382
くれぐれも、赤い実だからなんでも口に放り込むなんてことはしないでください。
この時期、似て非なる赤い実はたくさんあります。

Img_1384
沼の平を越えて、稜線にでました。
銅沼、檜原湖、小野川湖、秋元湖を望みます。
お天気はやや曇りです。ただ雨が降る感じはありません。
Img_1388
弘法清水での一休みは後にして、ひとまず山頂を目指します。
雲が重いけど、猪苗代湖の全景が見えてます。
南側は雲も厚いですが、日差しが、ところどころ差し込んできて、お天気がよくなりそうな予兆があります。

Img_1389
雲がきれ、西の空には青空が広がってきました。
山頂でのんびり空を眺めたら、弘法清水に向かいます。

Img_1397
弘法清水到着。
ここに来たら、いつもはなめこ汁を頼みますが、今日は気分を変えてノンアルビールと、お汁粉を頂きます。
このお汁粉は、超ミニサイズでしたけど、甘味がたっぷりと詰まっていて元気が出ました。
山でお汁粉食べるのも悪くないです。

お汁粉でエネルギーチャージできました。
今日はこれから磐梯山の西、八方台に下山します。
弘法清水から、下山道に入るとすぐに紅葉が目に留まります。
Img_1399
2016年の秋の山です。紅葉と青空は合いますね。
Img_1394
おー、きれいだなあ

Img_1431
まだ緑を残しての葉と秋色の青空、優しい感じがします。
Img_1402
中の湯を越えて、間もなく八方台に下山です。
Img_1404
八方台到着。
駐車場はほとんど満車でした。秋が深まり、紅葉が本番を迎えると来訪者でますます駐車場は混みそうですね。
お手洗いをお借りしたら、猫魔ケ岳に向かいます。


Img_1405
いざ出発!

ここから標準コースタイム1時間です。

Img_1407
猫魔ケ岳に到着。この400メートルほど手前で、なんと子熊に遭遇。
子犬大の真っ黒な獣が、ふかふかの黒いお尻を懸命に振りながら、大慌てで逃げていきました。子熊って動きがのんびりしているイメージがありましたが、かなりパワフルに坂道を駆け上がって藪の中に消えていきました。
いやー、熊も小さいと可愛いもんですね。
今まで安達太良と西吾妻で出会った熊は、成獣で、出逢ったときは身がすくみましたけど、子熊の可愛さは半端ないです。ヽ(´▽`)/

Img_1408
先ほどまでいた磐梯山を仰ぎ見て

Img_1451
さて、一休みしたし雄国沼に抜けますか!

それにしてもこのルートは紅葉が綺麗です。
Img_1435
Img_1442
Img_1437
Img_1443
Img_1444
Img_1454
猫石到着
Img_1453
雄国沼と飯豊山が見えます。さて、あの湖の畔まで森の中を進んでいくぞ。
Img_1455
雄国沼までは小さな3つの沢を越えていきます。
猫魔の清冽な水が流れていきます。
葉が落ちる音や、鳥の鳴き声、川のせせらぎの音が気持ちいい。

Img_1456
前回来たときは、冬間近になっていて、枯れた茶色の林の中を進みましたが、まだ青い葉の林の中を進みます。
木の葉でふかふかの足元の感触を楽しみながら快調に進みます。途中ぬかるみにはまり、靴がどろどろに。あちゃー、油断禁物だ。

Img_1457
雄国沼到着。いやー綺麗だな。雄国沼。
青空と青い雄国沼。キラキラした風景の中を歩きます。
ススキの穂が光っていて眩しいくらい。
嬉しくなっちゃうな。
さて、雄国沼休憩舎に向かいましょう。そこで休憩だ。

Img_1459
雄国山も緑につつまれてますね。
Img_1460
休憩舎到着。単独の女性(立派なカメラをお持ちでした)と、5名の団体の方がいらっしゃいました。ここではおにぎりを食べて一休み。

Img_1461
Img_1462
さて、雄国沼に別れを告げて、喜多方に向かいます。
前回は、翁島駅から塩川駅をつないでの山旅でしたが、翁島から塩川ですと駅名がいまひとつマイナーなので(?)今日は、猪苗代駅から、喜多方駅まで進みます。
Img_1466
夕日が沈む。
一瞬景色が淡い色で単色になり、優しい影絵のように山々や景色が浮かび上がります。
 
Img_1465
日はゆっくりと山の裾に落ちていき、オレンジ色の空は紫から濃紺に色を落としていきました。空には星空がひとつまたひとつと、現れて、いつの間にか周りの山のシルエットが星空の下に浮かび上がります。
いつも見ている山じゃない風景っていうのは、旅愁があって少し切なさを感じます。

Img_1415
喜多方駅前到着。ここに来る前に.天高盛さんに向かいましたが、ちょうどお店が終わったところでした。
駅前でラーメン屋を探したら、櫻井食堂さんがまだ営業中でした。
大盛りを頼みました。650円でした。

Img_1417

さ、今日の旅も終わり。喜多方駅から郡山に向かいます。





今日のトレーニングで、脚もつくれました。
来週は、お天気次第ですが県外遠征です。

2016年6月26日 (日)

2016年6月26日 雄国沼・雄国山に登ってきました(雄子沢登山口)

Img_0611

今日は雄国沼に来ました。雄国沼はニッコウキスゲの群生地として有名です。2012年に一度来て、その見事な群落に心奪われ、毎年来ようと心に決めていました。

しかし、毎年、花の咲く時期は短く、たまたまその時期に仕事が忙しいなどで、ずっと来ることができませんでした。
今年は、3週間前から雄国沼の開花情報を確認し、6月26日前後がどうやら開花の最盛期を迎えそうだとの情報を得て、雄国沼に向かいます。

事前の天気予報では、朝の5時から9時までは晴れの予想がでています。
快晴とまではいかずとも、雨が上がることを期待します。

Img_0560

登り始めは、雄子沢登山口からスタートします。ネットで情報をチェックすると、駐車場は20台くらいしか駐車できないため、早く来た方がいいとのこと。
駐車場到着は、なんと5時15分でした。それでも空きは5台分くらいです。なんとか車が停められてよかった。

Img_0561

雨が降り続く、ブナの森を歩きます。霧で視界も真っ白。雄子沢登山口から雄国沼まではコースタイム1時間50分です。

Img_0562
雄国沼休憩舎に到着。登山口からここまで45分でした。雨がきつかったので、ついつい早足になってしまいます。休憩舎には立ち寄らず、雄国沼に向かいます。

Img_0567  

雄国沼到着しましたが、ガスガスで真っ白です。雨は降り続き、風も強い。

Img_0576

それでも木道を進んでいくと・・・・

Img_0578
おお~・・・・・・咲いてる・・・

Img_0580
優しい黄色だなあ。どちらかと言えばオレンジ色に近いかな。

Img_0582
風に舞うニッコウキスゲ

Img_0584
視界が近いですが、その分真っ白な霧で幻想的な風景です。

Img_0588
晴れてたら、一気に開花が見られたかな?

Img_0589

少し来た時間が早すぎたかな?もう少し時間が経てばガスも晴れるかも?ということで、一旦雄国山に向かうことにしました。
雄国山は標高1271メートルです。猫魔ケ岳の火山によってできた外輪山のひとつです。

雄国山に行くには、一旦来た道を1.5キロほど引き返す必要があります。

Img_0598

雄国沼休憩舎から200mくらい雄子沢方面に戻ると分岐があり、その分岐から1キロくらい、コースタイム標準50分で山頂です。寒かったので、急ぎ足で歩き25分で到着。
山頂一層風が強いです。
とりあえず展望台に登ってみます。

Img_0599
当たり前ですが・・・・景色は真っ白

Img_0601
三等三角点にタッチして、また、雄国沼に戻ります。
さっきより少しでも視界がクリアになってくれると嬉しいな。

Img_0613

あんまり変わらないですが、前を歩く人がさっきよりクリアに見えてるかな?
5%くらい・・・

Img_0615

来訪者も少し増えてきました。ここに喜多方からバスがでているので、北沢峠経由だとなんと10分くらい歩いて到着できちゃいます。

Img_0633

Img_0636

Img_0634
Img_0637
さて、木道を一周したら戻りましょう。
下山は40分くらい。10:30くらいに下山しましたが、ものすごく多くの登山者とすれ違いました。駐車場も停めきれず、路駐の車が100台くらいあったかな。

今年は、高柴山のツツジと雄国沼のニッコウキスゲ両方を見ることができました。
今年のお花の山はとしては飯豊か、朝日のヒメサユリが見られればコンプリートかな。
下山後は、冷えた体を温めるために、猪苗代でラーメンを食べて帰りました。

雄国沼ありがとう。また来年! 次は快晴をお願いします!(´▽`)/

2015年11月23日 (月)

2015年11月22日 磐梯山、猫魔ケ岳、雄国沼に登ってきました。

●今回のルート
磐越西線(翁島駅)-磐梯山-八方台-猫魔ケ岳-雄国沼-金沢峠-磐越西線(塩川駅)
Photo_3

三連休の中日を利用しての山歩きを計画しました。すでに暦は11月22日です。山は冬になっているかもしれません。しかし、前日の天気予報では22日は曇り時々晴れ。降雨確率も0%。気温も15度程度と暖かな一日が予想されます。
この天気だったら、山に行くしかないでしょ。
行先はどこにしようかな?

飯豊山?飯豊山はもう完全に冬だろうなあ・・・
安達太良山か?安達太良山から和尚山に抜けて磐梯熱海まで歩いたコースは楽しかったけど、今回は登山口まで送ってもらえないから安達太良山までのアプローチが難しいな。
磐梯山?そうだ。磐梯山から雄国沼まで通しで歩いたことなかったな!磐梯山に行ってみるか・・・

ということで、今日は磐梯山から雄国沼に決定。電車を使うので、翁島から登り、下山した後は塩川か喜多方の近い方の駅まで歩くと決めて出発です。

R0006224_2
翁島で降りて押立に向けて歩きます。田圃の稲刈りも終わってるな。
あとは冬を待つばかりですね。
R0006228_2
スキー場に向かう登りのロード。葉っぱが良い感じで落ちてるなあ。深い秋って感じです。日差しもあるし、気持ちのいいロードを歩きます。
R0006231
さあ、登山口到着。いつもはスキー場を登りますが、今日は登山道を登ります。
スキー場は見晴らしがいいので大好きですが、スキー場最上部までの到達は、登山道の方が10分くらい早かったです。
R0006233
おー、猪苗代湖が銀板のようだ。
R0006237
山頂到着。駅から2時間50分。最近運動不足で体が重い。
ベスト体重を6キロもオーバーしてます。(;´д`)トホホ…
R0006239
櫛ケ峰もくっきり見えてますね。
R0006240
くつろぐ登山者を横目に、下山開始です。今から八方台に下りて、そこから猫魔ケ岳を目指します。
R0006243
弘法清水小屋では、小屋の方がお片付け中。
「今日で小屋じまいですか?」と尋ねたら、
「もう、小屋じまいは終わったの。今日は遊びに来たのよ」とのことでした。
小屋が閉まると、まもなく磐梯山も雪に埋もれるんですね。
R0006244
銅沼が見える。写真ではわかづらいですが、綺麗な沼の色でした。
R0006247
中の湯に向けて下ります。
R0006248
中の湯到着。何組かの家族連れの方とすれ違いました。
小学生の子供が、Tシャツ一枚で元気に走って登ってます。いいなあ、楽しそう。
ただ、雨は降らないにしても、Tシャツの上に着る服はありますよね?着替えもあるかな?レインウェアは持ってるかな?余計なお世話かもしれませんけど、山で小さな子供を見ると心配になっちゃいます。

R0006249
八方台に着いた。
R0006250
念のためトイレに入っておくか・・・・・・
とトイレに向かったものの、なんと!トイレが封鎖されている。
そうかシーズン終わったんですもんね。
R0006251
気を取り直し、猫魔ケ岳に出発!
一時間くらいで到着予定です。
R0006252
ということで歩きは割愛。山頂到着。まあ、ここまでのルートは、標高差があまり無く、登りも楽でした。登山服ではない普通の服の方とも結構すれ違いました。
R0006253
飯豊山は雲に隠れて見えません。
眼下に雄国沼が見えますね。あそこまで進みます。
R0006257
ここで、カップラーメンとおにぎりとコーヒーのお昼。
最近山でのインスタントコーヒーは、UCCの114を飲んでます。
インスタントなんですが、コーヒーの香りがすごくいいんですよ。
さっきまでいた磐梯山を眺めながらコーヒーブレイク。
R0006258
磐梯山は三等三角点なんですが、猫魔ケ岳は一等三角点なんですね。
しばし、くつろいだあとは、雄国沼を目指します。
R0006259
猫魔ケ岳山頂からおよそ10分で猫岩に到着しました。
ここが、厩岳山と雄国沼東岸側の分岐になります。

R0006260
雄国沼までの下りは結構距離がありました。道が少し荒れていて、小さな沢を2度ほど越えます。冬間近ということもあって、一人で歩くには少々さびしいコースです。
R0006262
雄国沼到着しました!

R0006263
静かですね~。物音一つしません。
この静けさがいいですね。
としの他には、写真を撮影されている方がお一人だけいらっしゃいました。
R0006265
晩秋というか初冬の雄国沼。時たま湖面が揺らぎます。鳥が餌をとるために水面に下りてきたからですね。

R0006266
雄国山かな?今日はちょっと時間がないので登りません。
また来年くるよ~

R0006267
雄国沼休憩舎(無人避難小屋)到着です。
シーズンオフはさびしいもんですね。
ただ、逆に冬になると、スノーシューを履いた登山客が大勢訪れます。
R0006268
さて、それでは雄国沼に別れを告げて金沢峠に向かいます。
金沢峠は、雄国沼の西側にあります。雄国沼休憩舎から20分程度で到着。
R0006270
さあ、これから長いロードが始まります。左に進めば塩川駅、右に進めば喜多方駅、距離はそれほど変わりません。塩川16.4キロ 喜多方18キロ。まあ、とりあえず右に進んであとは道なりに進んでいきましょう。舗装路ですし、もう遭難の心配もないでしょう。西に進めば必ず磐越西線の駅にぶつかるはずです。レッツGO!

R0006272
歩き始めて間もなく、山を下りきる手前で日が暮れました。まだ5時30分なんだけど・・・
下りを利用してダラダラ走ります。背中を押されてるみたいで気持ちいいですね。
R0006273
夜景を手持ちで歩きながら撮影しているのでボケボケですが、駅まで遠い~まだまだある~。頑張って走るか・・・
街灯があるものの、ほとんど灯りのない真っ暗なロードを走りました。
20151123_7_28_21
結局塩川駅に到着。(ひとつ喜多方駅に近い姥沢駅に到着したのですが、夜になると電車が止まらない駅なんですよね。やむを得ず塩川まで移動しました。)
この駅の近くには、「あたみ食堂」という美味しくて有名な食堂があります。開店中だったので行ってみたかったのですが、電車の時間まで40分しかなく、食べきるには時間が若干不安だったので、「あたみ食堂」でのご飯も次回に持ち越しとなりました。ちょっぴり心残りでした。

20151123_10_04_28

磐越西線の会津若松行きの電車でくつろぎます。車両がきれいで嬉しいです。
ほんといい車両ですよ。新車かな?
まもなく会津の山々にも雪が降ってきます。雪で山が閉ざされたら春まで会津の山登りもお休みです。今年もありがとう。会津の山に感謝です。


冬の登山は、関東以西の山を計画中です。

2013年7月10日 (水)

2013年7月10日 雄国沼に行きました。

 少し早い夏休みです。なんと10連休。会社支給の携帯を持っていくこととメールを毎日確認する必要はあるのですが、それでも休みは休み。楽しく毎日遊びまわっています。(^-^)
お休みのちょうど中日。お天気が良ければ那須岳に行こうと計画していましたが、午後から少しお天気が崩れそうだという予報と、雄国沼のニッコウキスゲが見頃になっているという情報を頂いたことで、予定を那須岳から雄国沼に変更しました。
今日は妻も同行です。
ちなみに夏の雄国沼に行くのは初めてです。

P1110045

雄子沢登山口の駐車場はほぼ満杯。県外ナンバーの車が多いですね。大型バスも停まっていました。   
雄国沼に向かうルートは
1.雄子沢登山口(せせらぎ探勝路)1時間35分
2.ラビスパルート(雄国パノラマ探勝路)2時間10分
3.八方台登山口(やまびこ探勝路)2時間50分
4.金沢峠(所要時間8分 ただしマーカー規制あり、シャトルバスに乗らないとダメ)
がメインのルートになります。
今日は、登山道の中では一番近道の雄子沢登山口を利用しました。
P1110046
このコースは、冬にも来ています。そのときは途中吹雪になってしまいましたが・・・
P1110047
雄国沼ハイキングコースを出発。距離はほぼ4キロ。実際に歩く時間は、1時間くらいではないでしょうか?
P1110049
ブナの森をあるきます。登り始めの雰囲気は磐梯山の八方台登山道に似ていますね。
P1110051
中にはかなり巨大な巨木もあります。
P1110052
夏の森を歩きます。今日はお天気は今ひとつ。明るいようでも空には厚い雲が立ち込めています。ただ、緑の森は明るい雰囲気です。勾配も楽なので、歩くスピードも自然に早くなりますね。
P1110053
大きなシダを見ると原始の森のようです。
P1110054
道は、大勢の人があるくせいでしょうか?踏み固められてしっかりしています。登山道というよりは遊歩道のような雰囲気です。
P1110055
咲きかけの紫陽花。きれいですね(^-^)
P1110057
立木に大きな穴があいていました。少し近寄ってみると・・・
P1110056
向こう側が覗けました。(^-^)これで立ってるんだからすごいです。
P1110058_2
P1110059
P1110063
P1110064
夏の花々や緑の木々を眺めながら歩きます。
会話も弾みますね。o(^▽^)o
P1110068
雄国沼休憩舎(無人避難小屋)に到着。大勢のハイカーが来ていました。
何十人いるんでしょうね。団体の方が目立ちます。
P1110067
小屋周りはこんな感じです。
ここから雄国沼までは、1キロくらい歩きます。
この小屋は、泊まれるという情報があります。
なんでも、冬は、小屋の中でテントを張る人もいるとかいないとか・・・
真偽は定かではありません。
P1110070
反時計回りに雄国沼の周りを歩きます。
小屋についてすぐに湿原に行けるとおもいましたが、結構1キロは長いです。
P1110075
雲が低く垂れこめて手の届きそうなところまで空を覆っています。不思議な光景です。
P1110071
今日のお目当てのニッコウキスゲが、道の脇に少しずつ現れ始めました。
ちなみにニッコウキスゲの花言葉は
”日々あらたに” ”心安らぐ人” だそうです。
P1110080
湿原の木道に到着。この木道は20分くらいで一周できます。
P1110081
それでは、木道出発
P1110082
P1110083
P1110085
お出迎えのニッコウキスゲ
P1110088
ニッコウキスゲが至るところに群生しています。
P1110092
見渡す限りニッコウキスゲ
P1110095
今年のニッコウキスゲは7月10日ころまで楽しめると、地元の新聞に記事が載っていましたが、なんとか間に合いました。
もう少し早くくれば、もっと凄い風景だったのかな?(^-^)
このニッコウキスゲが盛りの時期は、マイカー規制が敷かれて、シャトルバスに乗ってくるか、ハイキングコースを歩く以外見に来る方法はありません。
P1110103

雄国沼のニッコウキスゲの群落は全国的にも有名なんだそうです。
P1110102

長い木道に大勢のハイカーが来ています。
P1110121

ニッコウキスゲはユリ科の植物ですが、ユリ科の植物は品があって美しいですね。
お隣、日光や尾瀬のニッコウキスゲも素晴らしい群落が見られますね。
P1110122

ここで妻と一緒に記念写真を撮りましたが、妻がブログに載せないでというので、その写真は割愛します。(^-^)
P1110119

山吹の上品な黄色が大好きなんですが、ニッコウキスゲの黄色は落ち着いた柔らかなオレンジに近い黄色ですね。花が大きいので、迫力があります。
P1110125
群落を歩くハイカー
P1110128

皆さん写真を撮りまくってます。(^-^)
P1110127
大はしゃぎの団体のハイカーの皆様。お気持ちよくわかります。(^-^)
P1110130
P1110141

秋はもみじも綺麗なんでしょうね。
P1110142

2013年3月13日 (水)

2013年3月10日雄国沼に登ってきました

仕事でお付き合いのある方からお誘いを受け、雄国沼まで歩いてきました。
もともとは、西吾妻山に向かう予定でしたが、風速20mの風が吹いており、グランデコスキー場のゴンドラが動かないとのことで、急遽小国沼へ予定変更をいたしました。

228
ガラガラの始発の磐越西線で猪苗代駅まで向かいます。昨年は、この電車で何度も磐梯山に向かいました。
230
車窓から眺める冬の景色です。でも、雪は少し減って、少しずつ春の足音が聞こえてきています。
233
磐越西線の駅名。会津若松、塩川、喜多方。旅情をそそるんですよね。(^-^)
237
磐梯山がくっくり見えます。まもなく猪苗代駅。
239
7時30分 猪苗代駅前にグランデコ行きのバス到着です。冬期間は、予約なしでグランデコまで乗っていけます。料金は無料。乗客を見ると、どうやらお客様よりも従業員の方が多くいらっしゃるようですね。みなさんお互いにおはようございます。と挨拶をしあっています。
240
バスに揺られて45分。グランデコに到着しました。車も結構止まっています。チケット売り場まで来ると、みなさん(今日山に向かうメンバー4名の方)が待ってくださっていました。
ところが、ゴンドラが動いていず、リフトも第二リフトが止まっているとのこと。天気が荒れるのではちょっとまずい。ということでここで予定変更。磐梯山のイエローフォールに向かうか?雄国沼に向かうか?相談。普段行かない方に向かおうということで、雄国沼に向かいます。
241
駐車場に車を止めて雄国沼に向かいます。ちょうど5人パーティの真ん中を歩きます。
242
雪は固く締まっていて、歩いていて足が沈むことはわずかしかありません。スノーシューも、アイゼンもなしで、歩いていきます。
243
このあたりまでは、お天気も静かでした・・・
245
246
一生懸命歩きます。
247
先頭を歩く女性の方は、非常に健脚です。
みんな一生懸命についていきます。
248
少しずつ天気が悪くなってきました。12度近くあった気温はいきなり0度近くまで低くなりました。
250
とはいえ、冬木立が凛と立っていて見ていて飽きませんね~
251
ようやく、到着。小国沼の北側にある無人避難小屋です。トイレもあります。広いです。登山者以外に、スキーヤー、スノーモービルを楽しむ人。など大勢の方が休んでいらっしゃいました。聞けば、昨晩、この小屋に止まった方もいるとのこと。
みなさん、ストーブでお昼ご飯を用意します。僕は、ラーメンとたらこスパゲッティを食べました。おしるこを作られた方から、おすそわけをいただきます。
暖かく、甘い食べ物でじんわりと元気が回復していきます。(^-^)
252
小屋では一時間弱休憩しました。お昼ご飯をたっぷり食べたので戻りましょう。

254
256
もう少しで駐車場です。
257
駐車場到着!
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31