twitter

無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月21日 (火)

2017年3月18日 東堂山に登って来ました

三連休の初日は、東堂山に行ってきました。実はこの山、以前一盃山に登った時に、たまたま通りかかった道の途中でこの東堂山の登山口を見かけて以来、気になっていた山でした。
ところが、東堂山は福島県の山のガイドにも載っておらず、ネットでも情報があまりありません。
ということで、登山口の初見から2年越しに東堂山に向かいます。


大きな門ですね〜。この東堂山は登山口がお寺になっています。お寺の駐車場に車を止めて歩き始めます。
距離的には短くて山頂まで1キロくらいでしょうか。


仁王門。歴史ある建造物です。お寺の建立は奈良時代だそうです。



櫓って言っていいのかな?


お寺の裏手には、たくさんの羅漢が並んでいます。羅漢は最近のものもあり、スーツ姿やメガネをかけた羅漢もいて違和感が半端無いですね。
昼の陽光の中を歩いているので、あまり気になりませんが、夕方とか夜には通りたくない風景です。


やがて杉木立の斜面を眺めながら、緩やかな斜面を歩きます。多少日陰に雪は残るものの歩きやすい山道です。


山頂を示す道標が折れて倒れていました。山頂までの道は、この道標を30メートルくらい戻ったところにありました。この道標から山頂まではかなり荒れた道になります。


ここから軽い藪漕ぎです。


道がはっきりしないので、なんと無く標高の高い方面を目指して歩きます。あっ、山頂が見えた。


山頂には、四等三角点がありました。標識は何もないけど、ここが山頂だよね。
藪の中に囲まれた山頂で、落ち着ける雰囲気ではなかったので、さっさと下りて来ました。

<!--image:10-->


今日は気温が12度もあり暖かな春山歩きを楽しみました。残雪の残る頃の春山歩きは楽しいですね。
冬から春にかけてこそ、低山を楽しむ季節。まだ登っていない低山をもう少し探してみようと思っています。


<!--image:11-->
ところで全く関係ないですが、山用のフライパンを買いました。軽量タイプのチタンのフライパンもありますが、焦げ付きがひどいのでベニマルで買って来ました。今年は体力をつける目標があるので、軽量には全くこだわりません。

サイズがでかいので、ウドンでも、すき焼きでも何でも作れそう。
( ̄▽ ̄)

2017年3月12日 (日)

2017年3月11日 蓬田岳に登ってきました

今年二回目の山歩きは、蓬田岳です。
この蓬田岳は、山歩きの脚作りにちょくちょく使わせてもらっている山ですが、というのも
駐車場が広く、熊やイノシシなどが出ず、山頂からは木段で下るコースもあり、さらに登山道は適度に急登で、安心して歩きに集中できるところがお気に入りの所以です。
今日は3.11ということもあり、自宅でおとなしくしている予定でしたが、昼には7度と暖かくなり、お天気も良いのに自宅で何もしないのももったいないということで、急遽でかけることにいたしました。

自宅から車で30分。やや風が強く、日差しよりは肌寒く感じる駐車場を後にして山頂を目指します。

Img_0672

この蓬田岳のコースはもう何度も歩いているコースなので安心して歩けますね。
話はかわりますが、今年2017年度の会社の夏休みが10連休になっていました。最近年間予定表を確認してびっくりしました。
10連休の半分は家族のために過ごし、5日は山に行かせてもらおう・・・

大丈夫かな?( ̄ー ̄)

Img_0673
暖かとはいえ、日陰には氷柱がぶら下がっています。


Img_0675
風は冷たいですが、日差しは暖かです。
つくづく春がきたなと感じます。

Img_0676_2
残り500mですが、間もなく尾根にでます。尾根に出ると山頂までは緩やかな尾根歩きになりますね。

Img_0678
尾根にでました。
Img_0682
山頂到着です。すでに休んでいる登山者の方がいたので、挨拶をして先に進みます。
Img_0680

山頂から30mほど進んだところにある広場。
今日はここで一休みします。
風も止み、穏やかな山頂です。
穏やかな2017年の3月11日でした。


2017年3月 5日 (日)

2017年3月5日 高柴山に登ってきました

2017年の3月5日の今日、高柴山を歩いてきました。
2017年に入ってから、初めての山歩きになります。
今年の冬は雪も多く、寒い日が多かったので何となく足が山に向きませんでした。
土日を何で過ごしていたかというと、ほぼ毎週土日は、日帰り温泉通いに精を出していました。
毎週、あちこちの温泉をチョイスして、磐梯熱海、沼尻、中ノ沢、岳、と温泉を変えながら、半日、一日を温泉でのんびりするというお休みを過ごしていました。
本当は山に登って下りてから温泉に入るのが楽しいんですけど、今年の冬の寒さは本当に厳しかったんですよね~(言い訳?)
露天風呂に入って、空から落ちてくる牡丹雪を眺めていると、登山と同じくらい心が無になります。
毎週仕事が始める月曜日には、温泉が恋しくて
「温泉…温泉・・・・温泉」と頭の中が温泉一色になるくらい温泉にはまったのです。
そんなわけでこのブログのタイトルも、
「としの福島温泉秘湯探訪」に変わりそうな感じになっていました。

ところが、今朝起きてみると郡山の気温が7度もあります。
ふと、気づくと世界が春に変わっていました。
天気がいいなあ。外も温かい。
快晴の日曜日、家にいるのももったいない。
予定外ではありましたが、春の空気を吸うために高柴山に向かいます。

Img_0666
駐車場到着。高柴山の駐車場は雪で車が停められません。
一つ手前の駐車場に車を停めました。
日差しがさんさんと雪に降り注いでいます。
いい天気だなあ。雪がまぶしい。

Img_0645
今日は山頂まで1キロちょっとの短い行程です。
ゆっくり登っていきましょう。
雪は固く締まっていて、自分の体重をしっかり支えてくれています。
泥にまみれることも雪に足をとられることもなく、快適な春の山歩きです。

Img_0647
踏みあと少ないですね。まだここに来る人も少ないのかな。

Img_0652
600メートルほど遠回りして、太鼓石を眺めます。
八幡太郎義家伝説に関連する古の伝説のひとつです。
郡山の周りには、八幡太郎義家の伝説があちこちにありますが、
それが結構あちこちの山の中腹にあるケースがおおいです。
(ここの他には大将旗山とか)
東北の山は、弘法大師と八幡太郎義家ゆかりの伝説が多いですね。
Img_0650  
登山口から山頂までなだらかな行程です。
夏なら15分くらいで山頂着いちゃうかな。
Img_0654  
この季節、虫もおらず、暑すぎず、
春山は楽しい。
Img_0656
途中の休憩所で景色が開けます。一盃山とさらにその奥に蓬田岳が見えました。

Img_0659   
山頂手前を50mほど沢に下ると水場があります。
Img_0661
休憩所で景色を眺めます。
おにぎりを食べてお茶を飲みます。

Img_0664  
山頂は雪もなく貸切でした。
Img_0665
この山は5月に咲くツツジが素晴らしい景色になります。
2か月後にまた来てみたいと思います。

さて、2017年の山歩きもこれから本番を迎えます。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31