twitter

無料ブログはココログ

« 2016年4月9日  磐梯山に登ってきました。 | トップページ | 2016年4月30日 要害山に登ってきました »

2016年5月 1日 (日)

2016年4月30日 蒲生岳に登ってきました

Img_0211
2016年のゴールデンウィークに向かうのは南会津、只見です。今日は只見の名山
”蒲生岳”に登ります。
蒲生岳は、標高828m。決して高い山ではありません。しかし、この蒲生岳は、以前から気になる山のひとつでありました。
というのも、まず山容が見た目に険しく、特異な荒々しい形であること。また、実際に岩場が多く緊張感を持って登る山であること。いろいろな方の登山記を読んでも、一様に上記のコメントが並べられ、蒲生岳という名前には、ひそかに冒険心をくすぐる要素と憧れがあったのです。

このゴールデンウィーク、当初は、日光の男体山も検討のひとつに入れていたのですが、この時期の日光は、いろは坂を中心に、信じられないくらい混雑するという話を聞き、ならば今まで気になって登れなかった蒲生岳に登る機会かな?というのもありました。

Img_0086
郡山から会津若松を抜け、柳津、金山、三島を通り、ようやく只見に到着しました。
時間は3時間40分くらいかかりました。福島県は広さを実感します。
写真は、蒲生岳の登山駐車場からみた蒲生岳です。この駐車場には30台くらい車を停めるスペースがあります。
今日は、他に一台だけ車が停まっていました。車にはご夫婦がいらっしゃいました。
「蒲生岳登山ですか?」と尋ねたところ
「いえ、カタクリを見に来たんです」とのお返事。そうかカタクリも有名なんですね。

Img_0090
今は、電車の走っていない只見線会津蒲生駅の踏切を越え、蒲生岳かたくり公園に入っていきます。ここに登山口があります。
残念ながら少し時期がずれたらしく、カタクリはわずかにみられるだけでした。
Img_0093
登り始めは山椿が咲いていました。

Img_0092
足元には、落ちた山椿。山椿ロードですね。
この蒲生岳、歩き始めはやや穏やかな道筋です。
地図を確認すると、標高570メートルから670メートルの間と、山頂の少し手前が険しい岩場の様です。どんな岩場なのかな?あれ?少し緊張してる?自分。

Img_0103
標高570メートル地点、登山道の左側に何かいます。うん?と目を凝らすとカモシカがこちらをじっとこちらを見つめていました。近寄るでもなく、逃げるでもなくずっと、こちらを眺めています。写真だけ何枚か撮らせてもらって、頂上を目指します。

Img_0105
岩場地点に到着です。案外思ったよりきつい感じはしませんでした。高度感もそれほどありません。ただ、この岩の斜面は、たとえて言うなら、岩の滑り台を下から上に登っていく感じです。昨夜の雨で岩場が濡れているので、転ばないように慎重に登ります。大きな危険はないですが、転んだら、結構滑り落ちそう。意外にリスクは、小さなリスクに潜んでケースが多いです。
足場はあるので、ゆっくり、しっかり登りましょう。この長い岩の斜面は、登りより下りの方が心配。


Img_0107
松の木が2本絡み合っている夫婦松を越えます。
Img_0111  
振り返ると只見川。穏やかな景色ですね。川がゆっくり流れてます。
のんびりした風景ですね。只見。
穏やかな只見川をのんびり見て過ごすのも悪くないな。
Img_0109
山頂まで残り300m地点まで来ました。ここで道が二股に分かれます。標識を見ると、左は険しい道。右の鼻毛通しは穏やかなルートのようです。
いつもの自分なら、安全ルートに向かいますが、今日は、スリルと冒険の蒲生岳。ここは迷わず左のルートでしょう。ヽ(´▽`)/
Img_0113  
いきなり岩の斜面のトラバースがあります。
下には灌木があり、鎖もあるので怖い感じはあまりしませんが、とにかく、3点支持を徹底して進みます。
鎖場をいくつか登りました。これは確かに雨の日には厳しい斜面だな。
Img_0117
家族松。なんだかおそまつさんを連想。
ちょっと癒されます。
Img_0121
頂上直下。会津朝日岳は雪をかぶってますね。
斜面がえぐれてる山が多いです。雪深い山の特徴ですね。
長い年月を越えて、雪が土をそぎ落とし、険しい岩稜の山が作られていきます。
Img_0127
山頂到着しました。
ほぼ一時間でした。
Img_0129
山頂にあるプレートと目の前の山の景色を対比します。
正面には会津朝日岳。カッコいいですね。
この会津朝日岳の険しさは半端なく、実際に多くの事故を起こしています。
怖いけど行ってみたい山の一つです。
Img_0130
高さはそれほどではありませんが、達成感は大きい。
蒲生岳は体力的には、厳しくありませんが、テクニカルな山でした。
Img_0131
山の神様に拝礼
下りは、鼻毛通しを通りました。
Img_0132
途中にある風穴。30メートルより下に続いている穴だそうです。
Img_0134
これが鼻毛通し。岩と岩を挟んでぽっかりと穴が開いています。
Img_0212
山のあちらこちらで、いわかがみが咲き誇っていました。
Img_0204
下山すると、元気のなかったカタクリが数輪きれいに咲いていました。
ラッキーでした。
Img_0153
会津蒲生岳、まさに岩山ですね。登りと下りの時間が全く同じ。往復2時間の山歩きでした。



ところでわざわざ遠征してきた只見です。今日は、もう一座登ります。

« 2016年4月9日  磐梯山に登ってきました。 | トップページ | 2016年4月30日 要害山に登ってきました »

蒲生岳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1691940/65250428

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年4月30日 蒲生岳に登ってきました:

« 2016年4月9日  磐梯山に登ってきました。 | トップページ | 2016年4月30日 要害山に登ってきました »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31